グッズを活用して効果的に汗をかこう

近年では発汗作用に対する注目が高まり、気軽に汗をかくためのサポートグッズもたくさん発売されています。

そのいくつかをここでご紹介しましょう。

初めにほほがたるんでいないかのセルフチェックをおこないます。
一番使いやすいのは、やはり着用タイプではないでしょうか。
遠赤外線や温熱効果を付加したスパッツやベストは普段の服の中に着用できるので、見た目には分からずとても人気です。
またウエストシェイパーと呼ばれる腹巻タイプのものは、蓄熱効果とサウナ効果を持っています。ウエスト部分のみの発汗を高め、部分痩せに効果があると言われています。
またサウナ効果のある服も最近では多く見かけます。一見は普通のスウェットですが、実はサウナ効果があるというトレーニングウエアです。これの上下を着て運動することで、よりたくさんの汗がかけるのです。

入浴時にはラップテープやバスタイムケープなどがお勧めです。
ボディラップには気になる部分にラップ状のシートを巻いて部分的に発汗作用を高めます。洗って何度も使えるものと、使い捨てのものがあるので使い分けると便利でしょう。
ケープにはデコルテ部分を覆うものと、上半身全体をくるむものとがあります。長湯が苦手だったり、暑いのに耐えれない人はまず覆う部分が少ないものから試してみてはいかがでしょうか。

また、寝ころんだ状態で使用するドームなどのミニサウナ機器もあり、これは運動せず気軽に自宅で使用できるので人気です。

これらのサポートグッズは、いずれも体の熱気を外に逃がさず、多量の発汗を促すことを目的としています。
そのため、使用の際にはこまめに水分補給をし、熱中症のような症状にならないようにしなくてはなりません。特に夏の暑い時期や入浴時には注意が必要です。
それさえ注意すればこれらのサポートグッズは汗をかくのに非常に有効です。
最近ではドラッグストアなどにも置かれているので簡単に手に入れることが出来るので、一度探してみてはいかがでしょうか。

Posted in たるみ毛穴

ほほが弛んでいるかのチェック方法

たるみやシワ、くすみなどは毎日鏡を見ていても気がつかないものです。たるみは老けて見える原因ですから、早期のケアでハリのある肌を取り戻しましょう。
チェックポイントは、口や目、ほほのハリです。これらの部分は表情筋をよく動かすところですから、加齢などで筋肉が衰えるとたるみが出てきます。そして皮膚自体が薄いのでシワにもなりやすい部分です。鏡を見て口角が下がって口がへの字になっていないか、目尻が下がってカラスの足跡ができていないかをチェックしましょう。ほほのたるみはほうれい線を見ましょう。ほうれい線は鼻から口にかけて両側にあるシワのことです。笑ったりすると現れる部分ですが、加齢や乾燥、紫外線などによって次第に深くなり、やがて無表情の時でも目立つようになってしまいます。たるみがでるとほうれい線も目立ちますので、この部分も確認しましょう。
更に、フェイスラインの崩れも重要なチェックポイントです。ほほやあごなどにたるみが生じると、フェイスラインにシャープさがなくなります。顔がむくんだように見え、大顔になってきた場合も、たるんでいる証拠と言えます。
たるみのチェックは、鏡の角度を変えながらこまめに行うようにしましょう。

チェックしてみた感想。私はものすごい恐怖に襲われました。明日にでもたるみ毛穴を改善すべくエステに通います!

Posted in たるみ毛穴